筆跡鑑定・印影鑑定・筆跡診断・筆跡心理学・通信教育・セミナー・執筆

筆跡心理学の世界にようこそ

雑誌掲載

アソシエ(2006年新春号)

雑誌「アソシエ」(2006年新春号)の記事です

(ムック版「心理テクニック」に再度掲載)

アソシエ
アソシエ


相手の性格や深層心理が怖いほど分かる
「筆跡」から人物を見抜く

「東」という文字の7つのチェックポイント
普段通り「東」の字を書いてみよう
「筆跡」から人物を見抜く
「筆跡」から人物を見抜く
起筆 横にグイッとひねってから下に下ろしてくる人は、一癖ある人物。
良く言えば信念がある。悪く言えば意地っ張り。
突出 突出部が上に長い人は、リーダー気質を持っている。
傑出した立場になりたいという深層心理を示す。
接筆 3の角の部分が接している人は生真面目。
上の例のように隙間が開いている人は融通が利く柔軟なタイプ
転折 角を丸く書く人は朗らかで想像力やアイデア、ユーモアがある。
角張って書く人は几帳面で常識にとらわれがち。
左払い 長く伸ばす人は、目立ちたがり屋で派手好み。
「美しく見せたい」「ちょっと飾りたい」という深層心理のあらわれ
右払い 長く伸ばす人は、感動・感激しやすく、のめり込みやすい性格。
自分に酔ってしまう感情の傾向がある

筆跡から心理を見抜く「フラフォロジー」は、欧州で学問として発達しフランスでは「筆跡心理学科」を持つ大学でもある。日本の刑事裁判の筆跡鑑定も行う根本寛さんに、簡単な診断法を聞いた。
「住所程度の文字数があれば書いた人の正確をある程度判断できる。東京都の『東』の字からだって分かることは少なくない」
まずは、読者の皆さんも上の枠の中に「東」の字を書いてみよう。次に左上の見本のチェックポイントと見比べてみる。「突出の長さ」「起筆のひねり」「転折」「接筆」「左払い」「右払い」がどうなっているかチェックしてみよう。
頭部の「突出」が長い人は並みでは満足できず、リーダーシップを取りたがっていることが分かる。「社長に多い筆跡の傾向です。」
最初の「起筆」でグイッと横にひねってから下に下ろす人は、一癖ある人物の証拠。よく言えば、自分なりの信念がある。悪く言えば、素直さがなく意地っ張りだ。
次に、左右への「払い」である。
払いが短めの人は、総じて自己抑制が強い。逆に払いが長めの人は、情緒的で感情が表に出やすい。
とりわけ「左払い」が長い人は、目立ちたがり屋で派手好み。「若い頃の長嶋茂雄氏は長かったが、後年はそれほどでもなくなった。女子マラソンの高橋尚子氏も左払いが長い」。注目される時ほど良い結果が出る理由はここにある。
右払いが長いのは、物事に感動したり感激したりして、入れ込む傾向がある。
左上の接筆がきちんと閉じ(くっついていて)、右上の転接部分をきっちり角張らせて書く人は生真面目なタイプ。逆に接筆部分が開き、転接部分を丸く書く人は柔軟で融通性がある人。
筆跡から顧客の性格を読む
中小企業診断士でもある根本さんは、営業を指導することも多い。そんな時には、顧客が書いた文字ぐせから、「几帳面」「強気」「人情家」などといった性格やタイプに応じた効果的なセールスを指導している。左ページの基本を手がかりに、アソシエ読者も筆跡から人格を見抜く技術を手に入れてほしい。

頭部長突出型
接筆(左上)が閉じ、転折をキッチリ
払いが長い
頭部長突出型
「大」「中」「東」など、縦の線が上部に突き抜ける字で、縦の線が横線の上に長く突出する人は、人より抜きんでたい欲求が強い。
接筆(左上)が閉じ、転折をキッチリ
何事にも真面目で几帳面だが、融通性に乏しい。逆に、接筆が開き、転折が丸い人は想像力や物事に対する柔軟性がある。
払いが長い
上のように左の払いが長いのは、目立ちたがり屋。一方、右の払いが長いのは、自己陶酔しやすく、物事に感動してのめり込むタイプ。
はねが強い
へんとつくりの間が広い
口の中が広い
はねが強い
粘り強く責任感がある。何をやるにも最後まで力を抜かずに全力投球をする。逆に、はねが弱い人や、はねない人はあっさり型である。
へんとつくりの間が広い
心の広さとゆとりのある人。このタイプは、自分と異なる意見も受け入れることができる。包容力があり、良いリーダーになれる。
口の中が広い
心が若くエネルギーがある。元気ハツラツ人間。若い人ほど「口」を大きく書く傾向があるが、年齢を重ねても大きく書く人は気持ちが若い。
起筆ひねり
横線が等間隔
本来ぶつからない線がぶつかる
起筆ひねり
このタイプの人は、我が強く、意地っ張り。良く言えば信念が強い。一筋縄ではいかない。信頼を得られるよう誠実に対応する必要がある。
横線が等間隔
「言」などの字の横線が等間隔の人は、論理的な性格の持ち主。一方、等間隔でない人は、気分屋で論理的に考えるのは苦手。
本来ぶつからない線がぶつかる
「異常接筆」「線衝突」と呼ばれ、人とぶつかることも厭わない乱暴な心の表れ。このようなタイプは筆跡を直すことが必要。
 
大弧型
横線左方突出型
 
大弧型
大きく円弧を描くような部分がある筆跡。並みでは収まりきれない心理的エネルギーの表れ。常識では計れない大物の可能性あり。
横線左方突出型
頭の回転が良く、積極的に発言するタイプ。才能にあふれる人が多い。遠慮せずに自己主張するため、スタンドプレーに見られることも。
 

 

ページの先頭へ戻る