筆跡鑑定・筆跡診断・筆跡心理学・通信教育・セミナー・執筆

筆跡心理学の世界にようこそ

雑誌掲載

月刊 中小企業家(2008年10月号)

筆跡による人材の見抜き

月刊中小企業 10月号
月刊中小企業 10月号


筆跡で人材を見抜けるということですが、信頼できるものなのでしょうか。
筆跡による正確の理解は「心理学」をベースにしたもので信頼できます。人の性格はその人の行動から窺い知ることができますが、「文字を書く」というのも一つの行動ですから、そこにはその人の行動傾向や性格傾向が表れるのです。
実は長年精勤してくれた2人の社員がいて、そのどちらかを社長にしようと思うのですが、二人とも実力・性格ともに甲乙つけがたいので迷っています。筆跡がヒントになればと思って2人の筆跡を持ってきましたがこんな感じです。
筆跡
なるほど。仕事の実力などは同じようなレベルでしょうが、性格は正反対といえますね。Aさんは、「日」や「口」の左上(@)が閉じ、転折部(A)が角張ります。この書き方は学校で教わった書き方ですが、それを今でも守っているのは生真面目・几帳面型だからです。 どちらかといえば、技術者や事務職、生産現場など、ルールどおりにやる仕事向きといえます。 一方Bさんは@が開き、Aは丸く書きます。これは、融通性のある性格で変化対応力があります。営業や対人能力の必要な仕事などに向く性格です。Bの「ハネ」は2人とも強いので粘り強さは甲乙つけがたいですね。
ふーん。確かにそんな感じですどちらもBさんのほうが社長向きのようですね。
あと、一つですが、「都」の「へんとつくりの間」(C)は、Aさんは狭いので頑固でしょう。Bさんは広いので、清濁併せ飲む器量があります。
話を伺うと、どうもBさんのほうが社長向きのようですね。
一般的にはその通りです。変化の激しい時代に新分野を切り開いていくなどの点ではBさんが向いています。ただし、社長の決めた規定路線をひっかり守って手堅くやってもらいたいのならAさんが向きます。また、若い息子が社長になるまでにつなぎをしてもらいたい場合なども、Aさんが適しているでしょう。これは一つの方法ですので、いろいろと総合的に判断して決定をして下さい。
ページの先頭へ戻る